matobaの学んだこと

とあるPythonエンジニアのブログ。ソフトウェア開発、執筆活動、ライフログ。

技術書典6向けの新刊を入稿しました

こんばんは。matobaです。 技術書典6向けの活動の報告をします。とりあえず、入稿したよ!やったー!!と言う話です。

技術書典6に当選してる話とか諸々

こんばんは。mtbです。しばらくブログの更新が滞ってました。 今日はつらつらと技術書典に当選してる話とか書きます。 技術書典6に当選しました 続編を書いてます なぜ、コミュニケーション? 勘違いしないで欲しい それはそうと進捗どうすか 終わり

忙しい人のためのちょっとだけdjango-rest-framework

くろのて勉強会に参加してdjango-rest-frameworkを学びました。(まだ第一回なので、views周りしか学んでません) とりあえず学んだこと、自分で調べていたことを備忘録として書いておきます。 走り書きで、あまり丁寧に説明はしてません。

ディレッタント(好事家)と言う言葉を知った

ディレッタント(好事家)と言う言葉を知って、この言葉が印象的だと思いました。今日はその話を書きます。 好事家は、こうずか、と読みます。 この言葉は、次の本を読んでいて見つけました。 乱談のセレンディピティ作者: 外山滋比古出版社/メーカー: 扶桑…

SphinxのLatexを作る時のメモ

Sphinxの出力するLatexのフォーマットを変えたいと思いました。 それで調べてた時のメモを書いておきます。 メモ その他、参考になるページ メモ conf.py の texinfo_elements の preamble に入れた文字列が、texの \begin{document} の前にそのまま出せる。…

フロントエンド開発の流れが知りたい話

フロントエンド開発の流れが知りたいです。誰か教えてください。 と思いつつ、可能ならば自分で調べてしまいたい、という気持ちがあります。というわけで今回は調べたことをとりあえず書きます。

webpackって何?を調べた話

こんにちは。今時のフロントエンドがよくわかってない人です。jQueryの次にbackbone.jsをかじり、そこで僕は止まってました。時代に取り残されています。今時のフロントエンドを学ぼうとすると、webpackって言葉がよく出てくる印象です。そして、だいたいわ…

昨年の振り返りと2019年の抱負

あけましておめでとうございます。 気づけば2019年も4日目になってしまいました。 そろそろ賞味期限が切れそうですが、自分の備忘録を兼ねているので、2018年の振り返りと2019年の抱負を書きます。

djangoのformって結局なんなの?という疑問が解消されたのでformを解説します

あー、djangoのformってそういう役割なのかー、というのが自分の中で少し腹落ちしたのでブログに書いておきたいと思います。

実際にソケット通信を行うプログラムをPythonで作ってみた

こんにちは。matobaです。 この記事は、BeProud Advant Calendarの16日目の記事です。 先日、ソケット通信の仕組みを改めて勉強していたので、今回は、実際にソケット通信を行うプログラムをPythonで作ってみて思ったことを書きたいと思います。

同人誌の執筆を粛々と進めている進捗を書きます

こんばんは。同人誌の執筆を一人で粛々と進めてます。 1ヶ月前にどんな感じかを簡単にブログで報告してました。 この1ヶ月はどんな感じだったかを自分の備忘録を兼ねて、書いておきます。

AWS初心者がIAMをわからず調べた話

僕はAWSにもう少し詳しくなりたいと思いました。ただ、AWSのドキュメントは、なんか僕に馴染みません。 AWSのドキュメントを読んでいると頭が痛くなります。今回はIAMについて調べて、僕なりの理解をここに書いておきたいと思います。

ソケット通信ってなんだろう

ソケット通信のことがあんまりわかってないよなあ。と思ったときがありました。 というわけで、ソケット通信ってなんだろう、ということを調べながら書きました。

僕がPythonのデバッグをするときによくやること

こんにちは。matobaです。 この記事は、BeProud Advant Calendarの4日目の記事です。 僕にとっては初めてのAdvant Calendarの記事です。 昨日更新できれば良かったのですが、BeProud Advant Calendar に登録してたことを忘れていました。と言うわけで書きま…

Mac使ってた人がRazer Blade Stealth買ってUbuntu 18.04いれてEvernoteをごにょごにょしてる話

新しいPC買った徒然なる話を書きます。途中からEvernoteの話になってるし、あんまりまとまりはありません。どうでも良い話も多めです。目次でスキップしながら気になるところを読んでもらえたらと思います。

「IT実務のアンチパターン」の続編を作り始めてる話

こんにちは。前に書いた「IT実務のアンチパターン」の続編になる第二作を作っています。それが最近どうすか。という話をざっと書きたいと思います。

Pythonデバッガーのドキュメントにさっと目を通した

Pythonデバッガーのドキュメントにさっと目を通しました。 短時間ですが、学んだことをメモしておきます。 あと、気になったのでそのうち試したいことも。

ひとまず、執筆した同人誌のPDF配信はしません、という話

先日、技術書典5で同人誌を売りました。その後、執筆した本を「PDF版はありますか?」「欲しいんですが、どこで買えますか?」と言われるようになりました。それについて色々考えていたことがまとまりました。ここでは、その話をします。色々思うところがあ…

興味本位でNimを少し触った

興味本位で、Nimってプログラミング言語を触ってみた。

技術書典5にはじめてサークル主として参加してきました

10/8の技術書典5にサークル主として参加してきました。 多少なり興味を持ってくれている人がいると勝手に思っているので、今回は、その話をしたいと思います。

「教授法」に触れて自分の学び方を考える話

「教授法」というものが気になったので、気が向いた時に少しずつ学んでいます。

Linuxのしくみを学んでいる話

Linuxのしくみ、と言う本を買って読んでるので、今日の学びのメモを公開します。

なぜ、クラスを使う必要があるのか、を学ぶ

「クラスって何のメリットあるんですか?」といった話を見かけた。 その中で、色々思い出したり、改めて確認した情報があったので、まとめておこうと思います。

docker-composeの感触を確かめる

docker-composeってなんだろうな、と思ってた。複数のdockerを触るんだろうと思ってるけど、よくわかってない。今回は、docker-composeを触ってみて感じたことを書いておく。 docker-composeを触る やったこと 公式チュートリアルをやった感想とメモ docker-…

Packerが何かわからなかったので調べました

packerってなんですか。って思ったので調べながら、メモしたやつを公開します。

達人プログラマーで出てくる曳光弾の話

達人プログラマーと言う本を買って、読みたくなった時に少しずつ読んでいます。 新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道作者: Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章出版社/メーカー: オーム社発売日: 2016/10/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品…

はじめて印刷所に入稿した話

はじめて、技術同人誌を入稿した。そのメモ書き。 入稿先 ねこのしっぽ、と言う印刷所に入稿させてもらった。 (有)ねこのしっぽ 技術書典向けに同人誌を書いてるのですが、技術書典のバックアップ印刷所になってたので選びました。 あと、Webページがわか…

ここ1ヶ月くらいの近況とか

最近、どうですか。という話をします。 とりあえず、充実はしてます。

クラス設計できた方がいいのか

「もっとクラス設計できたほうがいいよね」と思っていた時期がありました。 それを思い出したので、今思っていることを書こうと思います。前置きとして、全然まとまってないです。

本をたくさん買う自分の考えていること

最近、本を買って、読んで買って読んで、、、のスピードがすごく上がってます。それについて、今思ってることとか書きます。