matobaの学んだこと

とあるPythonエンジニアのブログ。ソフトウェア開発、執筆活動、ライフログ。

ブログを挨拶から始めることについて

最近、ブログを書く時に挨拶から始めることが多い。

でも、挨拶から始めるのって、ブログを書くことの気持ちの障壁になる、と言うことに気づきました。

なんというか。ブログはたくさん気軽に書いて、たくさん気軽に公開できる方がいいような気がしてます。

少し考えてみると、読む人のことを意識するから、挨拶から始まるんだろうなあ、と思います。

読む人のことを意識して、文章を書くのは大切なことだと思うのですが、読む人のことを意識してしまったばかりにブログの更新が途絶えてしまうのは何か違うような気もするんですよね。

自分の中で、その間のバランスをとる部分でちょうど良いところはないものかなあ、と思う部分があります。

読む人がある程度、読みやすい形式にしつつ、書く人の負担に強い負荷がかかりすぎないちょうどいいライン。

そういうバランスを手探りで模索していきたいなーと思いつつ、ひとまず終わります。

ではでは。