matobaの備忘録

とあるプログラマーのブログ。ソフトウェア開発、執筆活動、ライフログ。

だから、なに?と思うのような散文の記事

なんていうのかな。最近、インターネットにあがっているブログ記事は、読者を意識しすぎていると思うんですよね。「だから、なに」という話ではないんですが。

僕はもともと他の人のブログを読むのが好きなんですが、いつからかブログが誰に何をしてもらうための文章か、というところがすごく意識されるようになってですね。自分が好きだったブログじゃなくなってきたなあ、と。

この記事はできるだけ読者を意識しないように書いてみようとしているんですが、なかなか難しい。インターネットと言えばSNSとか人との交流が当たり前になって、誰がこの記事を読みそうか、なんとなく予想できるようになってしまったのもあるように思います。

昔はもっと独り言だったと思うんですよ。ブログって。 勉強したことの独り言だったり、思ったことの独り言だったり、何かの記録だったり。

僕は他の人の独り言のようなブログ記事を読むのが好きだったんですが、最近はめっきり減ってしまったというか、なんというか。

ここまで書いて思いましたが、減ったんじゃなくて、目に入らなくなったのかもしれないですね。Twitterとかで流れてくる記事は、基本的に誰向けの何目的の記事かがわかりやすい記事ですし、流れてくる情報が多すぎて自分向けの記事かわからないとなかなか読む気にならないというか、読む時間を確保しないというか。

もっと雑談的な何を目的に書いているのかわからないようなブログ記事をもっと読んだり書いたりしたいなー、と思ったり。

まあ、そういう記事を書いても多くの人に読まれないのはわかりますし、後から自分で見返しても「なんじゃこりゃ」ってなるのは分かるんですけどね。多分、この記事も自分で後から見返してみて「なんじゃこりゃ」ってなる気がします。

ふと、ある人のブログを眺めていて、昔は雑な散文だったのに、途中から本の紹介やノウハウの紹介、何か目的のある記事になったことを寂しく思ったので書いてみました。しょうがないとは思うんですが、人柄的な部分は散文のブログの方が現れやすいので。


独り言のようなブログ記事は、Twitterに流してるのかな。そんな気がしてきた。 でも自分が好きなブログと、Twitterって違うんですよね。

Twitterって確かに思ったことや独り言を書いているし、それ自体はいいと思うんですけど、なんというか一つ一つの話が簡潔というか。簡潔なことは理解しやすいし伝わりやすいという意味で良いんですが、伝えにくいことや理解しにくいことを表現しにくい。

あと、ツイートした時間帯とか、前後のツイートとか付属してる情報が多すぎてなんかそれもうーん。


昔のインターネットは牧歌的で云々カンヌンという話を聞くことがあるけど、それと同じ話をしているような気がしてきた。

牧歌的な雰囲気が好きなら、自分はどこにいけばいいんだ。VRChatの方にいけば、何か見つかるかな、と思ったんだけど、僕の生活にはOculusは、必要な没入レベルが高すぎて合わないんだよな。

家族と一緒に過ごしていたり、家事や育児をこなしている時間が多くて、部屋で一人で何かをしている時間がかなり少ないから、Oculusをつけて色々やる時間が取れてない。 まあ、この時間の使い方をまずはどうにかせえ、という話なのかもしれないけど。