matobaの学んだこと

とあるPythonエンジニアのブログ。ソフトウェア開発、執筆活動、ライフログ。

FoxDotで始めるライブコーディング 2日目の記録

FoxDotというものを触り出して2日目です。 なんとなく、ブログもついでに更新するとモチベーションを維持できそうな気がするので、触りながら、考えたことをメモ的に残していきます。

とりあえず鳴らしてみる

とりあえず、音を鳴らしてみました。

p1 >> pluck([1, 2, 1, 3])

とか

d1 >> play('xxxx')
d2 >> play(' - -')
d3 >> play('  o ')

とかをとりあえず、並べてみます。

とりあえず鳴らしてわかったこと

  • pluck

    • p1 >> pluck([1, 2, 1, 3]) とやると p1というトラックで音が流れる。
    • pluckというのは単音のシンセ
    • pluckの第一引数はlist(Iterable?)で、要素はint。それぞれが音階となる
    • 音価も指定できるようだけど、指定しない場合は、4分音符
    • durという引数に音価を指定できる。
  • play

    • play() はドラム。というか打楽器?
    • play() の第一引数は、文字列で与える。Python3でやってるのでstr型。
    • スペースを入れると休符。
    • 半角スペースが4分の音価に対応する。多分。
    • x とか - とかでなる音が変わる
    • - はハイハットクローズ。
    • x は多分、バスドラム。
    • o は多分、スネア。

だいたいこんなことがわかりました。

とりあえず、録画録音したい

とりあえず、せっかくライブコーディングを試してみてるんだから、動画がないと面白くないと思うのです。

というか、自分で、どれくらいできるようになったのかを実感しながら進みたいので、まず記録。

というわけで撮ってみたいと思いました。

QuickTime Playerで収録してみる

とりあえずQuickTime Playerで収録してみました。

確かに、画面は収録できました。

ただ、QuickTime Playerの場合、音が入らない。残念。

音が欲しい

とりあえず画面は収録できるのがわかったので、音も欲しいわけです。

僕は、趣味で音楽を触るから、DAWは持っているので、こちらに音を出力して、何とか録音できないものか、と考えて、検索してみました。

すると、そもそもSuperColliderにレコーディング機能がついているのでは?ということに気づきました。

SuperColliderで録音できる?

少なくともSuperColliderの「Server」というメニューに「Start Recoding」というボタンがあって、ボタンを押すと、何やら録音されている風の雰囲気の画面になります。

録音を止めて、SuperColliderのログを辿ると、いい感じに録音されてファイルが保存されていました。

収録してみる

ここまでの話を踏まえて、本日の成果を収録してみます。 一発録りです。(ドキドキ)

....

できました。(詳細は後で)

音と映像を結合する

で、とりあえず、作ってみたものを結合します。

iMovieとかでできるんじゃないかなーと思ってやってみました。

SuperColliderが出力するオーディオはaiffで、iMovieに直接取り込めなかったので、DAWでmp3に変換しました。

そして、iMovieで適当に結合して、編集して、Youtubeにあげました。

Youtubeにあげた

とりあえずYoutubeにあげてみました。

Youtubeに初めてアップロードしたんですが、iMovieから直接アップロードできて普通に便利でした。


FoxDot触ってみて2日目

終わり

とりあえず、FoxDotで何か音を鳴らして、収録してYoutubeにあげてみました。

FoxDotでできることも色々ありそうだし、まだまだ試してみたいことがあるので、これから少しずつやっていけたらいいなーと思ってます。

あと、FoxDotのヘルプメニュー見てるとチュートリアルがあるのを見つけました。

今日は、適当にネットでググりながら何ができそうかを調べて、鳴らしていたのですが、そもそも、まずチュートリアルをやる方が良さそうだなということに気づきました。

次はチュートリアルを触ってみたいと思います。

ではではー