blog.mtb-production.info

音楽制作が好きなPythonエンジニアのブログ

集中する時間はどうするのがよいか

朝の通勤時間に考えてたことを、書きます。

それは、集中する時間はどうなるのがいいんだろう?って話です。別に結論はありません。

集中する時間とは

ここでいう集中する時間は、1つのことに取り組んでいる時間です。

何かをはじめたら開始。別のことをはじめたら終了。別のことを考え始めても終了。です。

なぜ集中する時間を増やしたいか

なんとなく、仕事が早く進みそうに思うから。

と言うか僕は、複数のことを同時にやるとパフォーマンスがどんどん下がっていくようなので、同時にやることは一つに絞りたいです。

自分だけで完結せず並行してタスクが動くときは、jobリストを作って、定期的にそのリストをポーリングする方がストレスフリーですし、パフォーマンスあがります。これは人それぞれな気がします。

集中する時間の測り方

今のところ、アプリを使って測っています。

何かを始める前に、タイマーをスタートして、終わったらタイマーをとめる。

タイマーが動いているときは、一つのことしかできない。と考えてタイマーの開始ボタンを押します。別のことが気になってきたら、停止ボタンを押します。

つまり、タイマーが動いているときは、一つの事しかやってない。ということです。

このやり方だと、何をやるか、を決めないと集中を開始できないことになってます。

僕は、今、Togglというアプリで測っています。TimeCrowdというアプリでもいいかもしれません。もっと他に良いアプリがあるかもしれません。

集中する時間の増減

時間を測って分析すると次のようなことがわかります。

  • 合計でどれくらいの時間、集中したか
  • その集中時間がどれくらい長いか短いか
  • 集中している時間の割合はどうか
  • 全体のパフォーマンスと集中時間に関係はあるか
  • どんなタスクだと集中できたか

集中する時間の密度

集中する時間にも密度があるはず。

1つのことをやってるとき、ものすごく集中してることもあれば、とりあえず1つのことをやってることもある。

集中力には、集中度合いがあるはず。

集中力の総量

1人の人が1日に使える集中力の総量があるはず。

どれくらい集中しているかを集中度、と言うすると、1人の人が1日に使える集中力は、集中度と集中した時間の掛け算の積になると思う。

集中する時間の量

集中する時間は、多い方が良いのか短い方が良いのか。

1人が1日に使える集中力に上限があるとすれば、毎日その限界まで使う方が良いようなきがする。でも集中力って毎日上限まで使って大丈夫なのかな。

とりあえず、1日あたり適切な集中力のバランスがある気がす。

おわり

とりあえず時間がきたのでおわります。

まとまりのない文を読んでくれてありがとうございました。

では。