blog.mtb-production.info

音楽制作が好きなPythonエンジニアのブログ

んー、このブログは、面白くない。

みなさまお疲れ様です。

 

会社員の方は、今日も仕事を終えられたでしょうか。

学生の方は、もうお家ですか?それともアルバイトでしょうか。飲み会でしょうか。

 

何れにしても、みなさま本日もお疲れ様でした。

 

私も、仕事を終えて帰宅しました。

 

帰宅している最中、他の人のブログを拝見していました。

何人かのブログを拝見していると、他の人のブログ記事と自分のブログ記事の違いといいますか、差といいますか、自分のブログが客観的に見て、どのように見えるのだろう、と言った部分が気になってきました。

 

なるほど。こう言うブログは見やすくて、こう言うブログ記事は、見にくいのね。と言うことを他の人のブログを見て考えてしまいました。

 

あと、他の人のブログを見ていて、こう言うブログは、面白いけど、こう言うブログは個人的にあんまり面白くないなあ。と思うこともありました。

 

面白い/面白くない、と言うのは、決してその筆者自体が面白くないと言いたいわけではなく、文章として、何か勿体無い感じがしたと言う話です。

 

さて、偉そうなことを言っていますが、私のブログは、どうでしょうか。見返して見ましょう。

 

「面白くありません」

 

残念です。非常に残念です。

 

他の人のブログを見ていて、あーこう言うブログはいいなあ。と個人的に思うことがありました。

 

そのブログは、そのブログを書いている人の個性が出ていると言いますか、そのブログを書いている人の人間性が現れているようなブログです。

 

その人個人の感想があったり、その人個人の考えが記載されていると、あーこの記事は面白いなあ。と思ったりしました。

 

でも、一方で、自分の考えを記載していなかったり、どこか他人行儀といいますか、自分の言葉が少ないブログというのは、読んでいて少し残念な気持ちになりました。

 

なるほど。

 

そのように考えながら、自分のブログを見ていると、なんか薄いといいますか、本を読んだから書いているような内容が多くて、あんまり面白くないなあと思いました。

 

あと、記事に書いてある内容に力が入っていて、読んでいて少し疲れちゃうなあ。とも思いました。

 

もっと、肩の力を抜いて、ゆるい記事を書いてもいいのかな、と思ったりしました。

 

はい。

 

もうちょっと読んでいて、人として興味が湧くような記事が書けたらいいですね。

もう少し、そういう記事を書いていきたいと思います。